fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07242

2024/04/02 09:10:11 | 未分類 | コメント:0件

理屈、
1 物事の筋道。道理。「—に合わない」「—どおりに物事が運ぶ」

2 無理につじつまを合わせた論理。こじつけの理論。へりくつ。「—をこねる」

理論、
理論(りろん、英: theory、セオリー, 仏: théorie, 独: Theorie)とは、「個々の現象を法則的、統一的に説明できるように筋道を立てて組み立てられた知識の体系」[1]。自然科学(応用科学含む)、人文科学、社会科学などの科学または学問において用いられている。

理論は事象を合理的に説明するための論述であり特に学問の領域において決定的な意義を持っている。理論の意義は数多く挙げることが出来るが、第一には理論は高度に複雑な現実の世界を単純化することが可能である点を挙げることができる。世界の万象には人間の認知能力を遙かに超えた膨大な諸因子と関係性が関わっており、それら全てを再現することは現実的ではない。従って現実を単純化する必要が認められ、その役割を理論という思考の道具に担わせることになる。つまり現実を完全に再現することではなく、どの程度の説得力を保持した上で理解しやすく現実を原理や法則などとして単純化しているか、ということが理論の本義であると言える。
→辞典から、

理屈、屁理屈、糞理屈、小理屈と
表現されてることは、そのような状態、情景が存在するからであろう、

私考→理屈とは自分に都合のより理論、そのために多数に受け入れてもらえないこと多いにあり、
真実、自然とからはみ出ている思考、
また、行動、経験せずにその場限りに考え出した内容であり不合理なものであろう。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する