fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
最新記事
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

07145

2024/03/08 15:42:20 | 未分類 | コメント:0件

日本国会議員の思考と行動から、

海外から見ると、またまた馬鹿なマスコミが自民党擁護している。

何故「裏金疑惑」と言う。おかしいだろう。これは贈収賄事件であり、自分が有利になる企業や個人が議員に金をやり、
議員がそれに応える為に動く事である。

その入り口を派閥とか党とかが集団的に、判らなくするパーチィをやる事で、分散させて、払った側を解らない事にした事件である。受け取った方が裏金であろうと関係無い。
こうした贈収賄を党が主導し、集団的に行なった事が罪になる。

即ち結論は、自民党の解散しか結論は無い。国民の目を逸らす為に、マスコミの「裏金」で、個人を罰するものでは無い。 

自民党のこうした体質では、国策は出来ない。テレビマスコミを使って国民の目を逸らし、企業や個人、他国と組んで金儲けをする体質は、全党員に染み付いている。 

自由民主党「解散」しか無い。

見ろ日本の一番しなくてはならない、

人口減少問題の国会論争は、子育て庁なる馬鹿な庁を作り、そこに加藤鮎子 衆議院議員を大臣に据える。慶應義塾大学法学部卒業、米国コロンビア大学院国際公共政策(国際経済政策)修了と二世議員としての博をつけるが、結局無能。答弁の原稿が無ければ答えられない。

これも金で買った、国民軽視の茶番。子育てに必要なのは「巣作り」、今の住宅が高いのが基本原因であるが、これは建設事業者の支援が多いい自民党では口が裂けても言えない。

中国の人口減少も同じである。そこに突っ込め無い自民党、自民党議員は要らない。
即ち自民党は要らない。

それに、広瀬 めぐみ(ひろせ めぐみ)岩手県盛岡市で、ホテル小田島を営む家に生まれる上智大学外国語学部英語学科を卒業する。良家のお嬢さん。弁護士資格も取る才女だが、他の自民党女性議員のパリ国費旅行と同様にノー天気で国会議員として真剣に国民に向かう意志なし。ラブホから、着替えずに国会に行くと言う大胆な行動には驚かされる。 自民党の解散。
この一択でしか無い。→FBさんからの借り物。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する