fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

06065

2024/01/31 02:18:04 | 未分類 | コメント:0件

お酒を飲むときはお米を控えた方がいいのか?

 いいえ。肝臓でアルコールを分解するときにエネルギー源として糖質が必要です。 お酒を飲む前におにぎり1個、または飲んだ後にごはんと味噌汁を食べることでアルコールの分解、食べ物の消化を促進します。
 お米の糖質が肝機能を助け、アルコールがスムーズに分解されるため、二日酔いになりにくく、翌朝スッキリと目覚められます。夜にお米を食べることに不安を感じる方も多いのですが、お米を食べた時の方が体重も増えにくくなりますのでお試しください。

どれくらいお米を食べると体にいいの?

 1日の目安量として、女性は1.5~2合、男性は2~2.5合くらいです。ごはんをしっかり食べる分、おかずを少し控えめにし、野菜などをたっぷり入れた具たくさんのお味噌汁を組み合わせると、バランスが良くなります。お米の量はあくまでも目安ですので、ご自身の消化力に合わせて量は調整してください。
 小さなお子さんは成長のスピードが速く多くのエネルギーを必要としていますので、3食だけでは足りません。間食にもおにぎりを食べさせてあげると、余計なお菓子を欲しがらなくなります。

お米と咀しゃくは最強の組み合わせ

 よく噛んで食べると、唾液が分泌し、食べ物と混ざり合うことで消化がしやすくなります。満足感が得られるので食べすぎを防ぐことはもちろんですが、その他にもストレスの減少、脳の機能維持、老化防止、肌つやがよくなるなどさまざまな効果が期待できます。噛む目安としては、1回の食事に20分以上かけることが理想です。
 お米は粒状であるため自然と噛むようになり、よく噛むことで甘みとおいしさが感じられます。調味料などの味を感じると反射的に飲み込んでしまうのですが、白ごはんはよく噛むことでうまみが溢れることから、咀しゃくしやすい食材といえます。とはいえ早食いの方が増えているので、よく噛むことを意識して食べましょう。
→これも参考までかなぁ、記事より。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する