fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05878

2023/12/28 17:08:01 | 未分類 | コメント:0件

・相手の考えていることが読めず、会話の主導権がとれない

・もっと情報を引き出したいが、会話を深掘りできずに終わる、

・一対一の打ち合わせや交渉ごとで、いつも言いくるめられてしまう、

・会って話すたびに自分の評価を下げている気がする、

自分は話し下手だからこうなってしまうのだと多くの人が思っているが、それは違う。コミュニケーション巧者は、うまく話すことよりも、コミュニケーションに便利な「あるものの使い方」を知っている。コミュニケーションに悩む人たちにとって、救世主となりうる「あるもの」。それが「質問」だ。

では、質問にはどのようなメリットがあるのか。

・うまく質問できれば、いい答えが返ってくる。質問がうまい人ほど精度の高い情報を得ることができる。
・質問によって相手のニーズがわかる。交渉や説得の場面では、質問によって相手の考えや思いがつかめるからこそ一歩踏み込んだコミュニケーションができ、距離感を詰め、労せず人を動かすこともできる。
・質問で会話の先手を打てる。こちらが話したい内容へとさりげなく誘導しながら会話のテーマを設定できる。
・雑談も怖くなくなる。ふとした沈黙も楽しめるようになる。
・質問をする人は間違いなく頭がよく見え、しかも、相手からの好意まで得られる。

これからは、「問う力」が大きな武器になる
これからますます、質問のうまさが成功や人生の豊かさに大きな影響を及ぼしていく。今はその転換期に来ていると言ってもいい。

ご存じのように、チャットGPTをはじめとする生成AIに注目が集まり、ビジネスで不可欠なものになろうとしている。チャットGPTから有益な情報を得るには、適切な問いが必要だ。より精度と密度の高い答えを得るためには何を尋ねればいいのか。今は「どう聞くか?」がますます問われる時代なのかもしれない。

「正確にいうと、どういう意味ですか?」

これは、会話の中で使われている言葉の「定義」を聞く質問だ。得られる情報の精度をより高めるためのコツのひとつは、「3WHAT」の順序で質問を重ねていくことだ。

質問の3つのWHATとは、

「定義」=それは何か
「現象」=何が起こっているのか
「結果」=何がその結果起こるのか、

「3W1H」を使った質問
「それはどんな理由で、いつから起こっている?」

次に、「3W1H」を使って相手の説明の欠けたピースを補うための問いの立て方をご紹介する。質問の3W1Hとは、

・「WHY・理由(なぜ?)」
・「WHERE・地理(どこで?)」
・「WHEN・歴史(いつから?)」
・「HOW・対策(どうすればいい?)」(記事から)
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する