fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05843

2023/12/22 21:35:31 | 未分類 | コメント:0件

人を見抜く難しさ
 人を見抜くことは、難しいことです。
 期待したのに、まったく活躍しない。
 できると言っていたことができていない。
 そんなことはザラに起こります。

 そうかと思えば、期待していなかった人が、みるみる成長して大活躍を遂げることもある。
 本当にわからないものだなと思います。

 何かを見て、何かの基準で判断をしなくてはいけません。

それとは逆に、あたかも自分の手柄のように語る人は、怪しいと睨むべきです。
 できれば、「リファラル採用」を取り入れてみましょう。

「リファラル採用」というのは、知人を介して採用をする仕組みです。
 共通の知り合いがいるため、「どんな人となりか」「どんな仕事ぶりか」などを把握しているから、
ミスマッチが起こりにくいです。

「中途半端な関係性の知人」に気をつけてください。

「時間があるときで大丈夫なので」
「やりたくなかったら断ってくれていいんだけど」

 これらは、典型的なダメな言い方です。

間違っている理由は、2つあります。
 1つ目は、「決定権が相手にあること」。
 2つ目は、「責任を曖昧にしていること」です。

「言い切ること」に慣れよう
「この仕事はあなたに任せたので、契約に結びつけてください」
「来週の金曜の11時までに資料をまとめておいてください」

 と、1つ1つの指示を言い切ることです。
 責任を持って言い切り口調で部下に任せていかない限り、仕事は回りません。
 また、よくあるダメな例は、「メリットを提示する」というものです。

「仕組み化を知っているか、
 知っていないかで、
 会社員人生の分岐点が決まる」
→記事から。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する