fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05842

2023/12/22 21:34:25 | 未分類 | コメント:0件

「本来の頭の良さ」とは、発想力や思考力の他、円滑な人間関係をつくるコミュニケーション能力などのあらゆるスキルが該当します。また、考察力や行動力も地頭の良さを判断するポイントです。

知的好奇心が旺盛で、幅広い分野に興味を持つことが、彼らの能力の高さにつながっているのでしょう。

◇「地頭がいい」と「頭がいい」の違い。

「地頭がいい」とはどういうことなのかをひも解くためには、「地頭がいい」と「頭がいい」の違いを比較してみると分かりやすいです。

「地頭がいい」とは、「なぜ」「どうして」などの疑問を重視し、さまざまな視点で問題解決ができることです。
あらゆる物事に興味があり、生きる上で大切な応用力がある人に該当するでしょう。

その一方で、「頭がいい」とは、勉強ができる人のこと。知識が豊富でテストの点数や偏差値が高く、
問題の正解を導き出すのが得意な人に当てはまります。

■地頭がいい人の特徴、

◇(1)要領が良く頭の切り替えが速い、

◇(2)記憶力がいい、

◇(3)新しいアイデアを生み出せる、

◇(4)学ぶ意欲がある、

◇(5)常に自分の意見を持っている、

◇(6)客観的な判断ができる、

◇(7)説明が分かりやすい、

■地頭がいい人になる方法、

◇(1)他人の考え方を否定しない、

◇(2)疑問を追求する、

◇(3)アウトプットする癖をつける、

◇(4)論理的思考を身に付ける、

□地頭がいい人は課題解決能力が高い、

また、豊富な知識を持つことも大事なポイント。地頭を良くしたいのであれば、
常に新しい情報をインプットするようにアンテナを張るのがおすすめです。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する