fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05225

2023/07/24 11:29:26 | 未分類 | コメント:0件

下記は日本生産米に対しての情報。

うるち米は普段ごはんとして食べられている米のことです。

それに対し、もち米は餅や赤飯、おこわなどに使われる米のことを言います。

うるち米は不透明な白色ですが、もち米は半透明の白色になっています。

見た目以外にもうるち米ともち米は成分が異なります。

米は炭水化物であり、炭水化物の主成分はデンプン質です。

デンプン質はアミロースとアミロペクチンで成り立っています。

うるち米は約20%のアミロースと約80%のアミロペクチンで構成されていますが、もち米は100%のアミロペクチンで構成されています。

アミロペクチンは水に溶けないデンプンで、アミロースは水に溶けるデンプンです。

もち米はうるち米より水に溶けないアミロペクチンを多く含んでいるので、粘り気が多く、もちもちとした食感になっています。

一方、うるち米はもち米より粘り気が少ないため、炊いたときにふっくらとした仕上がりになります。

この特性を生かしてうるち米ともち米を使い分けています。

栄養

普通のごはんと餅を同じ重量で比べてみると、餅の方が水分が少なく、タンパク質と炭水化物が多くなっています。

ミネラルやビタミンはどちらも少なく、ほぼ同量が含まれています。

栄養面ではうるち米ともち米に大きな差はないようです。

お米はパワフルなエネルギー源です。主な成分を調べてみると、炭水化物77%、たんぱく質6%、脂質1%などで、体を動かすガソリンともいえます。おまけに消化吸収率は98%と高く、精白米100gあたりの熱量は356キロカロリーにもなるのです。また、体をつくるたんぱく源でもあります。お米のたんぱく質にはアミノ酸がバランスよく含まれていて、卵のたんぱく値を100とすると、精白米は81で、牛肉(79)や大豆(70)よりも高い値なのです。この他にもいろいろな栄養素が入っています。
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する