fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05143

2023/06/23 09:16:23 | 未分類 | コメント:0件

性善説・性悪説どちらを支持するか、
どちらも支持しないのが得策、
しかし、
生活上法律が存在する、
この法律は人は悪行を行うかとをが当たり前と考えて創造したと考える、
法が存在するために法治国家という、
また、法が存在するが放置箇所は多いと見る各国に、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
性善説(せいぜんせつ)と性悪説(せいあくせつ)は、「人間の自然本性(生まれつきの性質)は善である」とする説と「悪である」とする説。

古代中国の儒家の『孟子』と『荀子』の対立に由来する。日本では明治時代に西村茂樹や井上哲次郎が哲学・倫理学の問題として広めた[1][2]。そこから派生して、現代の日本では様々な文脈や意味合いで使われる。

本項では、告子の性無善無悪説(せいむぜんむあくせつ)、韓愈らの性三品説(せいさんぴんせつ、せいさんぽんせつ)[3]といった、関連する他の説についても述べる。

現代の日本では、性善説は「人はみな善人である」という楽観主義、性悪説は「人はみな悪人である」という悲観主義、といった意味合いで広く使われる[4][5][6]。しかし本来は、楽観主義や悲観主義ではなく[4][5][6]、どちらも「教育の重要性」を主張するための説だった[6](詳細後述)。

「性」「善」「悪」いずれも古代から明確な定義が無く、そのせいで議論がすれ違ったことが対立の原因である、とも言われる

ここでいう「性」は「人間の自然本性」「生まれつきの性質「生まれながらの性質」「本質的属性」「先天性」「天与の性」などと訳される。

性善説と性悪説

孟子の性善説は、「世に悪人がいる」ことを前提に「それでも性は善である」と主張する説だった。つまり孟子によれば、どんな人間でも井戸に落ちそうな幼児や屠殺されそうな家畜を見たとき、憐れみなどの道徳感情(不忍人之心ひとにしのびざるのこころ、四端)が生じる。この道徳感情が善なる性であり、これを教育などで拡充すればどんな人間でも善人になれる、それゆえ教育が重要である、という説だった。

孟子の没後、荀子が現れた。

荀子の性悪説は、専門家の間でも諸解釈あるが、最低限基本的には次のように解釈される。荀子によれば、孟子の性善説は誤りであり性は悪である。善は、教育などの「偽ぎ(い)」(後天的作為・人為)によって初めて得られる、それゆえ教育が重要である、という説だった。しかし荀子は、性悪なる人間がなぜ善を受け入れるのか、教育を行う側の人間の善はどこから来たのか、などの点を明確にしなかったため、後世に「性悪説の矛盾」として批判や諸解釈を生むことになった。

性善説と性悪説には共通点もあった。例えば、どちらも「教育の重要性」を結論とすること、「善人も悪人も性は同じ」とすること、などが挙げられる。

『韓非子』の韓非は、李斯とともに荀子に師事した、と『史記』に伝えられることから、韓非は性悪説の継承者である、としばしば言われる。しかし実際は、『韓非子』の本文中に性の善悪を論じた箇所は無く、その人間観も荀子と異なる(例えば韓非は民の教育よりも民のコントロールを重視した)とする指摘もある。

日本、
江戸時代の日本の儒教では、中国と同様に朱子学が正統とされたため、性善説が正統となった。各地の藩校や漢学塾では『孟子集註』が教材として読まれた。また林羅山・山崎闇斎・伊藤仁斎・石田梅岩ら多くの学者が性善説を肯定した[61]。しかしその中で、荻生徂徠のように性善説を否定する学者もいた。(記事から)
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する