fc2ブログ
フリーエリアNo1
World-42ヵ国語-翻訳( Google Translate) 各国の国旗をクィックしてください。 Please click the national flag of each country. 現在は使用できません。
カテゴリ
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05709

2023/11/22 10:19:45 | 未分類 | コメント:0件

愛があるから結婚しました、
真実ですか、
それと同時に役所への届出と並行して
離婚届も同時に書くことがベスト、

その後問題となるだろう、
いいえ、
私達はそんなことは起きません、

不倫、浮気、

あばたもエクボなら先は見えません、

思考の違いから別居へと進む、
人は愛と言う言葉に洗脳され日々を彷徨う、

まず、経済的な思考、確かになぁ、
それで生活への道、

時には道端の草花も気になる、
脇道へも進みたい、

人は自由な思考が増してストレスとなり、
結婚と言う世界を観ることの恐ろしさ、
経験してないことの積み重ね。続きを読む
スポンサーサイト



05708

2023/11/22 10:18:22 | 未分類 | コメント:0件

ガン予防のための食
 
自然界の動物は天命をまっとうすると、苦しまないで眠るように安らかに息を引き取ります。
自然の摂理にしたがっていれば、野生動物や古代民族がそうであったように、そもそもガンになどなりません。
では、古代民族と現代人では食生活において何が違うのか。それがヒントになります。
 
食品添加物や農薬といった化学の力でつくり出されたものは、当然ながら昔はなかったものです。
しかも、多くの添加物や農薬において「発ガン性」が親切ていねいに指摘されているわけです。
であるならば、ガンを予防したいのならば、それらが入ったものは避けた食事をすることが一番のリスク回避といえます。
また、牛乳をはじめ、チーズやヨーグルトなどの乳製品も絶対に避けるべきです。
日本は乳を飲む文化も歴史上なく、乳糖不耐症も多いので世界一牛乳が会わない民族です。
また、乳製品には「インスリン様成長因子(IGF-1)」という天然成長因子が極めて高いレベルで含まれています。
これを摂取すると、インスリン様成長因子は消化作用を生き残り、小腸から血液へと簡単に吸収されてしまいます。
そのため、乳ガンをはじめとしたガンの危険性が増すばかりではなく、ガン細胞を活性化させるため、ガンの増殖にも一役買ってしまいます。
 
菜食を勧めるアメリカの有名な医師のひとり、ジョエル・ファーマン氏は免疫力を向上し、ガンの抑制効果が期待されている植物が持つ化学成分「フィトケミカル」を摂取して、ガンに立ち向かうには以下の食事を勧めています。
 
・大盛りサラダを毎日食べる
・少なくとも半カップの豆類を料理して食べる
・3個の生の果物を食べる
・少なくとも28グラムのナッツか種を食べる
・少なくともサラダボウル一杯の緑黄色野菜を料理して食べる
 
これとは逆に、死を招く食品としては以下の5つを挙げています。
 
・バーベキューで焼いた肉、加工した肉、市販の赤い肉
・揚げ物
・低脂肪でない乳製品やトランス脂肪酸
・清涼飲料水や人工甘味料
・精製された小麦製品
 
<あなたを殺す食事生かす食事より抜粋>
 →内海聡さんから。続きを読む

05707

2023/11/22 10:17:06 | 未分類 | コメント:0件

「もっと”縁の下の力持ち”としての誇りを持ちたい」

この思考にも2通りの心が潜んでます、
表に出ずにひたすら裏方に徹する人、

縁の下の力持ちですがこの方が表に現れて指図をされ半支配者的な思考と、行動する人、

最近の役人に多いね(日本)

やはり、人は自分に合う本文が存在していますか、
これに出会った人は他の人から尊敬されて頼られる、
その頼られることは並大抵の思考では維持できないと考えます。

みんなから日々に
「ありがとうございます」との言葉を頂く。続きを読む

05706

2023/11/22 10:16:16 | 未分類 | コメント:0件

人は何故か体に悪いものをよく取り入れます、
それとそれが大いに儲けさしてくれます、
誰もまたこれを指摘して裁判を起こさない、

黙って従うが賢明ですか、

まぁここでも多数派が正論となるか、
おえんなぁ、

他人に反面嫌われることも起きる、

現在は必ずしも反対派が騒ぐのです、

日本の東北地方で熊が人を襲うので駆除を行うことにも反対してます、
その反対者がクマに襲われて生命に関わるとしてもクマを愛護から庇いますか、
おそらく、誰も助けてくれないと権幕わ広がるだろう、
経験して見ないとわかりません、

それであなたは生命を失うとよくわかるでしような。続きを読む